美容健康マスターID利用規約

LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

今なら無料!美と健康に関する『美健通信』特別版72ページ!!

【美容健康マスターID利用規約】

第1節 総則

第1条(規約の適用)
美容健康マスターID利用規約(本規約、特約及び個別規定から構成され、以下「美容健康マスターID利用規約」といいます)は、美容健康マスター協会(以下「当協会」といいます)が運営するWEBサイト “美容健康サイト” (以下「当サイト」といいます)上で提供する美容健康マスターIDの利用に関し、公認ライター(以下「ユーザー」といいます)と当協会との間に適用されます。申込登録手続きを完了し、口頭もしくは書面にて「同意」の意思表示を行なうか、WEBサイトの「同意する」のボタンをクリックされると、貴方が美容健康マスターID利用規約の全ての条件に同意されたことを意味します。

第2条(定義)
美容健康マスターID利用規約において、以下各号に掲げる用語は、当該各号に定める通りとします。
(1)「本規約」とは、第1節「総則」、第2節「共通条項」、第3節「美容健康マスターIDサービス」、第4節「美容健康マスターメールサービス」及び第5節「ID連携」の総称をいいます。
(2)「特約」とは、本書に添付される特約条件をいいます。
(3)「個別規定」とは、美容健康マスターIDサービスの利用条件をいいます。
(4)「美容健康マスターID」とは、美容健康マスターID利用規約に定める条件を承諾のうえ、当協会が別途定める手続きに従い、当協会がユーザーに発行する符号をいいます。
(5)「パスワード」とは、美容健康マスターIDと組み合わせて、ユーザーとその他の者を識別するために用いられる符号をいい、美容健康マスターIDサービスを利用するために必要になります。
(6)「ユーザー」とは、美容健康マスターID利用規約の条件を承諾のうえ、美容健康マスターID利用規約に従い申込登録手続きを完了し、美容健康マスターIDを取得し美容健康マスターIDサービスを使用することができる法人あるいは個人を指します。
(7)「美容健康マスターIDサービス(個別サービス)」とは、ユーザーが当サイトにアクセスし、美容健康マスターID及びパスワードを用いて利用できるサービスをいいます。
(8)「申込登録」とは、美容健康マスターIDの利用希望者本人が、当サイト上の所定の手続に従って行う美容健康マスターID及びパスワードの申込登録をいいます。
(9)「登録情報」とは、申込登録に際してユーザーが登録するユーザーに関する情報をいいます。なお、申込登録後、ユーザーが当該情報を更新した場合は、更新した情報を含みます。また、登録情報と、ユーザーが美容健康マスターIDサービスを利用する過程において当協会が知り得たユーザーに関する情報(ログデータ、購入履歴等を含みます)をあわせて、「登録情報等」といいます。
(10)「簡易ログイン」とは、新規申込登録終了時又は美容健康マスターIDサービスへのログイン時に、ユーザーが「一定期間ログイン状態を保持」を選択(予め「選択」を意味するチェックボックスにチェックが入っており、ユーザーに選択を解除する機会を設けることを含みます)した場合に、当協会所定の美容健康マスターIDサービス(以下「簡易ログイン対応サービス」といいます)において、当協会所定の期間ログイン状態が継続される機能をいいます。
(11)「コンテンツ提供者」とは、美容健康マスターIDサービスを構成する各サービスへのコンテンツの提供者をいいます。なお、コンテンツ提供者には、当協会も含まれます。
(12)「共同運営者」とは、当協会との業務提携に基づき、美容健康マスターIDサービスを運営する者をいいます。
(13)「個人情報」とは、登録情報等のうち、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定のユーザーを識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定のユーザーを識別することができるものを含みます)をいいます。

 

第2節 共通条項

第1条(特約と個別規定)
1.特約は、美容健康マスターID利用規約の一部を構成するものとし、本規約と特約の間に齟齬がある場合は、特約の定めが優先するものとします。
2.当協会又は共同運営者は、本規約及び特約のほか、個別の美容健康マスターIDサービス毎に個別規定を定めることがあります。この場合において、当協会又は共同運営者は、当該美容健康マスターIDサービスを提供する画面上に個別規定を「個別規定」、「ガイドライン」、「留意事項」、「ご注意」等の名称で表示するものとし、個別規定に異なる定めがない限り、当該美容健康マスターIDサービスの利用をもって、ユーザーは、当該個別規定に同意したものとみなします。個別規定は、美容健康マスターID利用規約の一部を構成するものとし、本規約と個別規定の間に齟齬がある場合は、個別規定の定めが優先するものとします。

第2条(美容健康マスターID利用規約の範囲)
美容健康マスターID利用規約は、ユーザーに適用されます。利用者は、当サイト上の美容健康マスターID利用規約掲載画面の「同意する」ボタンをクリックすること又は当協会が指定するその他の方法美容健康マスターID利用規約の内容への同意を表明することにより、美容健康マスターID利用規約の内容を承諾しているものとみなされます。なお、美容健康マスターIDの申込登録手続きについては、本規約第2節第3条第1項に規定するところによるものとします。美容健康マスターIDを取得したユーザーは美容健康マスターIDサービスを利用することができます。

第3条(申込登録)
1.美容健康マスターIDサービスの利用希望者は、当サイト上の所定の手続に従って申込登録を行い、美容健康マスターIDサービスの利用資格を取得する必要があります。ユーザーは、申込登録において届け出た登録情報に変更があった場合には、速やかに所定の変更の届出を、当協会に対して行うものとします。
2.ユーザーは、法人あるいは個人を指し、架空の名前やニックネームでユーザー登録をすることはできません。
3.美容健康マスターIDの利用希望者は、申込登録に関して、美容健康マスターID利用規約の他の条項について同意することに加え、とりわけ以下の項目に同意するものとします。
(1)申込者自身に関する情報を登録する際は、最新情報をすべて正確に提供すること。
(2)登録した情報を美容健康マスターID利用規約の定めに従い常に最新、完全、正確に保つこと。
(3)申込者の名前、生年月日等、基本的に変更の必要がない登録情報の項目に関しては、婚姻による姓の変更等、当協会が認めた場合を除いて、原則的に変更できないものとします。
(4)登録情報が不正確又は虚偽であると当協会が認める場合には、当協会は、当該ユーザーの美容健康マスターIDを抹消することができるものとします。
4.登録情報に不備があったことでユーザーが不利益を被ったとしても、当協会は、一切その責任を負いません。

第4条(資格の喪失)
1.当協会は、ユーザーが連続する6ヶ月において1度も美容健康マスターIDサービスを利用しない場合、当該ユーザーへの通知をすることなく、当該ユーザーの美容健康マスターID及びパスワードを抹消し美容健康マスターIDの利用資格を喪失させることができるものとします。
2.前項に定めるほか、当協会は、ユーザーの行為が美容健康マスターID利用規約に違反すると判断した場合には、当協会の裁量により、当該ユーザーへの通知をすることなく、当該ユーザーの美容健康マスターID及びパスワードを抹消することができるものとします。
3.ユーザーが美容健康マスターID利用の終了を希望する場合には、ユーザーは、所定の方法にて当協会に届け出るものとします。ユーザーは、当協会からの利用終了通知をもってユーザーの美容健康マスターIDの利用資格を喪失するものとします。ユーザーは、終了原因の如何を問わず当該利用資格を喪失した場合、当サイト決済ユーザーの資格も同時に喪失するものとします。
4.ユーザーは、美容健康マスターID利用規約の規定又は美容健康マスターID利用規約の変更に対して異議がある場合又は美容健康マスターIDサービスの内容に異議がある場合でも、当協会に対して講じることのできる手段は、美容健康マスターIDサービスの利用を終了することに限定されることを予め了承します。
5.第1項に従いユーザーが美容健康マスターIDの利用資格を喪失した場合であっても、当該利用資格喪失時までにユーザーが利用した美容健康マスターIDサービスについては、引続き美容健康マスターID利用規約の適用があるものとします。また、当協会は、ユーザーが当該利用資格を喪失した後(終了原因の如何を問いません)も、第三者からユーザー個人を特定できない範囲において、本規約第2節第7条の定めに従い登録情報等を利用することができるものとします。
6.第1項に従いユーザーが美容健康マスターIDの利用資格を喪失した場合、当協会は、美容健康マスターIDサービスを提供するために必要な設備に蓄積された、ユーザーが美容健康マスターIDサービスの利用過程において送受信したあらゆるデータ(以下「送受信データ」といいます)及び登録情報等(総称して、以下「ストレージ」といいます)を抹消することができるものとします。
7.本条の定めに基づき、美容健康マスターID及びパスワードが抹消されたこと、美容健康マスターIDサービスの利用が終了したこと又は利用資格を喪失したことにより、ユーザーが不利益又は損害を被ったとしても、当協会はいかなる責任も負わないものとします。

第5条(通知及び同意方法)
1.当協会からユーザーへの通知は、美容健康マスターID利用規約に別段に定めのある場合を除き、当協会からの電子メール、当サイト上の一般掲示又はその他当協会が適当と認める方法により行われるものとします。
2.前項の通知が電子メールで行われる場合、ユーザーが本規約第2節第3条第1項の定めに従い申込登録時に登録し、以後、ユーザーが本規約第2節第3条第1項の定めに従い更新の手続きをし、上書きされた登録情報の電子メールアドレス宛の発信をもって通知が完了したものとみなします。
3.本条第1項の通知が当サイト上の一般掲示で行われる場合、当該通知が当サイト上に掲示された時点をもってユーザーへの通知が完了したものとみなします。
4.当協会は、上記いずれかの方法によりユーザーに通知を行った場合、別段のユーザーからの異議申し立てがない限り、通知日をもって、ユーザーが同通知の内容に同意したものとみなします。
5.前項の定めに拘わらず、本規約第2節第10条第2項に定める美容健康マスターID利用規約及び美容健康マスターIDサービスの内容の全部又は一部の変更については、別段の定めがある場合を除き、当協会による美容健康マスターID利用規約の変更に関する通知が完了した日をもって、ユーザーがその変更内容に同意したものとみなします。
6.ユーザーは、本規約第2節第3条第1項の届出を怠った場合に、当協会からの通知が不到達となっても、通常到達すべきときに到達したとみなされることを予め異議なく承認するものとします。

第6条(美容健康マスターID等の管理義務)
1.ユーザーは、申込登録時に当協会がユーザーに付与する美容健康マスターID及びパスワードの使用及び管理について一切の責任を負うものとします。
2.美容健康マスターIDサービスを使用するユーザーの権利は、ユーザーのみに帰属するものです。ユーザーは、美容健康マスターID及びパスワードを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買、質入又は担保の用に供すること等をしてはならないものとします。
3.ユーザーは、美容健康マスターID及びパスワードを盗まれたり、第三者に使用されていること(以下「盗難等」といいます)を知った場合には、直ちに当協会にその旨を、直接的即時的手段により、連絡するとともに、当協会からの指示がある場合には、その指示に従うものとします。
4.当協会は、ユーザーが美容健康マスターID及びパスワードを盗難等されたことによってユーザーが被る被害については、ユーザーの故意又は過失の有無に拘らず一切の責任を負いません。
5.ユーザーが、美容健康マスターIDサービスの利用に起因又は関連して、第三者に対して損害を与えた場合、ユーザーは、自己の責任と費用において解決し、当協会に迷惑をかけてはならず、また、損害を与えてはならないものとします。

第7条(個人情報の使用)
1.当協会は、個人情報を、当協会の「プライバシーポリシー」に基づき適切に取り扱うものとします。
2.当協会は、個人情報を、以下の各号に定める目的に利用することができるものとします。
(1)当協会ウェブサイト上における、当協会及び当協会の提携先や取引先等の第三者のサービス、商品等の販売、発送及びアフターサービスのご提供、並びに新サービスの開発、実験及び検証
(2)ユーザーがご本人であることの確認及び与信管理
(3)ポータルサービスその他情報提供サービスのご提供
(4)電気通信サービスのご提供
(5)情報提供サービス及び電気通信サービス等の提供に係る設備の管理及び改善
(6)サービス、商品等に係る売買等の取引の仲介・取次サービスのご提供
(7)当協会又は当協会の提携先や取引先等の第三者の提供するサービス及び当協会又は当協会の提携先や取引先等の第三者の販売する商品その他の料金請求及び課金・決済
(8)当協会からユーザーに対する、当協会のサービスの利用等に関するご案内等のご連絡
(9)ユーザーからのお問い合わせや苦情等への対応
(10)当協会及び当協会の提携先や取引先等の第三者のサービスや商品、キャンペーン等の、電話やダイレクトメールの送付、電子メールの送信等による、広告、宣伝、ご提案及びコンサルティング
(11)キャンペーン、懸賞等の抽選及び賞品等の発送並びにこれに関連した応募者への連絡
(12)電子メールサービスのご提供
(13)アンケート調査、分析及びそれに伴う素材又は謝礼の送付
(14)カスタマーサービスの向上
(15)インターネットを通じた情報のご提供等、ユーザーのサポート
(16)当協会が第三者から委託された業務の実施
(17)本条第4項及び第5項の定めに従う第三者への開示又は提供並びに共同利用
(18)集計又は分析処理を行い、第三者が個人を識別できない形式に加工したうえでの当協会自らの利用又は当協会の提携先や取引先等の第三者への提供
(19)第5節に定めるID連携に係るサービス及びサポートの提供
(20)その他、当協会の運営する事業及びこれに関連する事業及び当協会の業務に付随する業務
3.当協会は、前項の利用目的以外の目的で個人情報を利用する場合には、予めユーザーの同意を得たうえで利用するものとします。
4.当協会は、ユーザーに対して個人情報の提供先を通知し、ユーザーの承諾を得ること(画面上それらを明示し、ユーザーが拒絶する機会を設けることを含みます)を行わない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。
5.当協会は、前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合に、個人情報を開示、提供することがあります。
(1)本条第2項の利用目的の実施に必要な範囲で個人情報の取扱いを委託先又は金融機関等に委託等するために個人情報を当該委託先又は金融機関等に開示、提供する場合。
(2)美容健康マスターIDサービスの営業譲渡等、事業の承継に伴ってユーザーの個人情報が提供される場合に、個人情報を当該承継先に開示、提供する場合。
(3)以下の定めに基づき、ユーザーの個人情報を共同して利用し、個人情報を当該共同利用者に開示、提供する場合。
共同利用する項目:当協会が保有する個人情報
共同利用する者の範囲:当協会および当協会グループ会社
共同利用の目的:当協会が本条に定める利用目的の範囲内
共同利用管理責任者:当協会が承認した法人あるいは個人
管理責任者:ビジネスリスクマネジメント推進担当役員
(4)第5節に定めるID連携を行うために、第5節第2条第1項に定める「認証情報」を当協会が承認した法人あるいは個人に対して提供する場合。
前号に定める他、個別規定において、共同利用する個人情報の項目、共同利用する者の範囲、共同利用の目的及び共同利用管理責任者を定めたうえで、個人情報を当該共同利用者に開示、提供することがあります。
6.当協会は、美容健康マスターIDサービスを提供するためにクッキーを使用します。ユーザーが美容健康マスターIDサービスを利用する際に、お使いのパソコン等の通信端末内にクッキーが記録されます。当協会は、クッキーと美容健康マスターIDとの組み合わせにより特定されたユーザーの美容健康マスターIDサービスの利用状況を個人情報として取り扱います。
7.本条第4項の規定に拘わらず、当協会は、以下の各号の場合に、ユーザーの承諾なく個人情報を開示、提供することがあります。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で、ユーザーの同意を得ることが困難である場合
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ユーザーの同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
8.ユーザーは、当協会に登録した個人情報を照会又は変更することを希望する場合には、法令及び別途当協会が定める規則に従ってかかる照会又は変更を請求することができるものとします。
9.個別規定に別段の定めがある場合を除き、個人情報取扱事業者は当協会とし、当協会における個人情報の管理責任者は、当協会のビジネスリスクマネジメント推進担当役員とします。

第8条(アンケートの実施)
1.当協会は、ユーザーに対してE-mail等を使用したオンラインアンケート(以下「オンラインアンケート」という)を実施することができ、また、当協会又は第三者の提供する商品又はサービスに関する情報(以下「付加情報」といいます)をユーザーに配信することができるものとします。
2.ユーザーは、付加情報がユーザーの登録情報等又は当協会が本条第1項の定めるところに従いユーザーに対して実施するアンケート結果などを利用して当協会が選定した情報であることを予め了承します。また、当協会は、付加情報の内容並びにこの内容に基づく一切の取引及び行為について、何らの責任及び義務を負いません。
3.本条第1項に定めるところにより当協会がユーザーに対して実施するオンラインアンケートへの回答結果については、ユーザーの承諾なく第三者に開示される場合があります。
但し、個人情報の開示については、本規約第2節第7条第5項各号及び7項各号に定める場合を除き、当協会は、必ず事前に当該ユーザーの承諾を得るものとします。

第9条(禁止事項)
1.ユーザーは、美容健康マスターIDサービスの利用にあたって、以下の行為を行ってはならず、また以下各号のいずれかに該当する美容健康マスターIDを登録してはならないものとします。
(1)第三者(自己以外のユーザー、共同運営者及びコンテンツ提供者を含みます。以下本条において同様)もしくは当協会の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、パブリシティ権、プライバシー権その他の権利を侵害する行為、及び侵害するおそれのある行為。
(2)自己以外のユーザー、第三者もしくは当協会を誹謗中傷する行為及び名誉・信用を傷つける行為。
(3)上記(1)、(2)の他、第三者もしくは当協会に不利益又は損害を与える行為、及び与えるおそれのある行為。
(4)人権侵害又は差別に該当するもしくはそれを助長する行為又はそのおそれのある行為。
(5)公序良俗に反する行為、又はそのおそれのある行為もしくは公序良俗に反する情報を他の不特定多数のものに対して送信、提供する行為。
(6)犯罪的行為、又は犯罪的行為に結び付く行為もしくはそのおそれのある行為。
(7)人を自殺に誘引又は勧誘する行為。
(8)自分以外の人物を名乗ったり、代理権などがないにも拘わらず法人を名乗ったり、当該法人と提携・協力関係にあると偽る行為。
(9)選挙期間中であるか否かを問わず、選挙運動又はこれに類する行為。
(10)性風俗、宗教、政治に関する行為。
(11)当協会の承諾なく、美容健康マスターIDサービスを通じて又は美容健康マスターIDサービスに関連して、営利を目的とした行為又はその準備を目的とした行為。
(12)美容健康マスターIDサービス上の情報の権利者の承諾なく、第三者をして美容健康マスターIDサービス上の情報を使用させたり、公開させる行為。
(13)美容健康マスターID及びパスワードを不正に使用する行為。
(14)コンピュータウィルス等の有害なプログラムを、美容健康マスターIDサービスを通じて、又は美容健康マスターIDサービスに関連して使用し、もしくは提供する行為。
(15)通常利用の範囲を超えて、美容健康マスターIDサービスを提供するために必要な設備その他の当協会の設備に負担をかける行為。
(16)美容健康マスターIDサービスに含まれるすべてのソフトウェアについて、分解、逆コンパイル又はリバースエンジニアリングする行為。
(17)美容健康マスターIDサービスの運営を妨害する行為。
(18)無限連鎖講(ネズミ講)もしくはマルチ商法に類する商法を開設し、又はこれを勧誘する行為。
(19)チェーンレター、スパミング等その他、他人に迷惑をかけることを目的として美容健康マスターIDサービスを使用すること。
(20)人や動物の殺害、殺傷、虐待等の画像等、残虐な情報を不特定多数の者に対して送信、提供する行為。
(21)本人の同意を得ていない個人情報を投稿、登録する行為。
(22)その他、法令及びインターネット上において一般的に遵守されている規則などに違反する又は違反するおそれのある行為。
(23)その他、当協会が不適切と判断する行為。
2.本条第1項に該当するユーザーの行為によって当協会及び第三者に損害が生じた場合、ユーザーは、美容健康マスターIDの利用資格を喪失した後であっても、すべての法的責任を負うものとし、当協会に迷惑をかけないものとします。

第10条(サービス条件及び内容の変更、一時中断等)
1.当協会は、美容健康マスターIDサービスの運営に関し、美容健康マスターIDサービスの利用を監視できるものとし(但し、監視する義務を負うものではありません)、必要と認める場合、自己の裁量においてユーザーの承諾なく美容健康マスターIDサービスへのアクセスを制限することができます。
2.当協会は、ユーザーの承諾なく、また、本規約第2節第5条に定める通知をもって、任意に美容健康マスターID利用規約及び美容健康マスターIDサービスの内容の全部又は一部を変更することができるものとします。
3.当協会は、以下の事項に該当する場合、ユーザーの承諾なく、美容健康マスターIDサービスの全体又は一部を一時中止・中断又は終了することができるものとします。
(1)美容健康マスターIDサービスを提供するためのシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合。
(2)戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、美容健康マスターIDサービスの提供が困難と判断した場合。
(3)その他、当協会が、不可抗力事由により、美容健康マスターIDサービスの提供が困難と判断した場合。
4.前項に定めるほか、当協会は、事業上の都合により、ユーザーの承諾を得ることなく、ユーザーに対する2ヶ月前の通知により美容健康マスターIDサービスを終了することができるものとします。その場合、ユーザーは、当該美容健康マスターIDサービスの終了日をもって、当該美容健康マスターIDサービスの利用資格を喪失するものとします。
5.当協会は、前項の規定により、美容健康マスターIDサービスの運営を一時中止・中断又は終了するときは、予めその旨をユーザーに通知するものとします。但し、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
6.当協会が美容健康マスターIDサービスを変更、美容健康マスターIDサービスへのアクセス制限、美容健康マスターIDサービスの一時中止・中断又は終了した場合ことによりユーザーが被った不利益又は損害について、当協会はいかなる責任も負わないものとします。

第11条(保証の否認)
1.ユーザーは、自己の責任において美容健康マスターIDサービスを使用することに明示的に合意します。当協会は、美容健康マスターIDサービスを「あるがままの状態で」かつ「適用可能な範囲」という条件で提供します。
2.当協会は、美容健康マスターIDサービスをユーザーに提供するにあたり、美容健康マスターIDサービスが中断・中止・廃止されないこと、ストレージが消失しない(所定の設備に保管されることを含みます)こと、美容健康マスターIDサービスへのアクセスを常に可能とすること等、美容健康マスターIDサービスの提供状態については、一切保証しておりません。
3.当協会は、美容健康マスターIDサービス上の情報又はユーザーからのお問い合わせに対する当協会からの直接の回答やアドバイスの内容について、当該情報の正確性、合法性、道徳性、著作権の許諾や有無、最新性、適切性(カテゴリーの適切性、妥当性を含みます。以下同様とします)、当該情報がユーザーの需要に適合するものか否かなど、一切保証しておりません。
4.当協会は、ユーザーが美容健康マスターIDサービスを利用して行った行為がユーザーの特定の目的(商業的な目的を含みますがこれに限定するものでありません)に適合するか否かについてもいかなる保証も行いません。
5.当協会は、ユーザーが著作権・秘密保持・名誉毀損・品質保持及び輸出に関する法令その他法令上の義務に従うことなど、美容健康マスターIDサービスをご利用の皆様の美容健康マスターIDサービスの利用状態についても一切保証しておりません。

第12条(権利の帰属)
1.美容健康マスターIDサービスを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続き、商標及び商号並びに当協会、共同運営者又はコンテンツ提供者が提供するサービス、商品及びそれに付随する技術全般に関する権利は、当協会、共同運営者又はコンテンツ提供者にそれぞれ帰属するものであり、ユーザーは、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。
2.とりわけ、コンテンツ提供者が美容健康マスターIDサービスにおいて提供するコンテンツの著作権、著作者人格権、著作隣接権その他の一切の権利は、コンテンツ提供者及び当協会に帰属します。
3.ユーザーは、いかなる方法においても、美容健康マスターIDサービスを通じて提供されるいかなる情報又はファイルを、著作権法で定めるユーザー個人の私的利用の範囲外の使用をすることはできないものとします。但し、予め権利者の許諾を得た場合は、この限りではありません。
4.ユーザーは、美容健康マスターID利用規約に定めるユーザーとしての権利を、第三者に譲渡又は使用許諾、売買、名義変更、又は質権の設定その他の担保に供するなどの行為をしてはならないものとします。
5.ユーザーは、コンテンツ提供者が美容健康マスターIDサービスにおいて提供するコンテンツを利用して、営利を目的とした活動を行うことができないものとします。
6.ユーザーは、いかなる方法においても、第三者へ、美容健康マスターIDサービスを通じて提供されるいかなる情報又はファイルを、使用させたり、公開させたりすることはできないものとします。但し、予め権利者の許諾を得た場合は、この限りではありません。
7.本条の規定に違反して紛争が発生した場合、ユーザーは、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当協会をいかなる場合においても免責し、また、損害を与えないものとします。

第13条(権利の譲渡等の禁止)
ユーザーは、当協会の明示の同意なしに、美容健康マスターID利用規約に基づくユーザーの権利及び義務を第三者に譲渡し、承継させ、貸与し又は担保の用に供してはならないものとします。

第14条(損害賠償)
ユーザーは、ユーザーが美容健康マスターID利用規約、個別規定、購入契約及び法令の定めに違反したことにより、当協会、共同運営者又はコンテンツ提供者を含む第三者に損害を及ぼした場合、当該損害を賠償する責任を負うものとし、当協会、共同運営者及びコンテンツ提供者を含む第三者を免責しなければならないものとします。

第15条(免責)
1.当協会は、ユーザーに対し、美容健康マスターIDサービスを提供するにあたり、当協会の過失に基づく債務不履行又は不法行為に起因してユーザーに損害が生じた場合、美容健康マスターID利用規約に別段の定めがある場合を除き、現実、直接かつ通常の損害に限り賠償するものとします。なお、いかなる場合も、当協会は、ユーザーに発生した使用機会の逸失又は業務の中断、中止もしくは終了に起因する損害、間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、データの破損・損失及び逸失利益については、たとえ当協会がかかる損害の可能性を事前に通知されていたとしても、いかなる責任も負いません。
2.当協会は、ユーザーに対し、美容健康マスターIDサービスの提供にあたり、当協会の故意又は重過失に起因する当協会の債務不履行又は不法行為によりユーザーが被った損害については、法令の定めに従い賠償責任を負うものとします。
3.美容健康マスターIDサービスの提供が遅滞もしくは中断した場合、又は美容健康マスターIDサービスを通じて登録もしくは送受信される情報等が流失、消失もしくは改ざんされた場合、当協会は、技術的に可能な範囲で美容健康マスターIDサービスの復旧又は当該情報等の復旧に努めるものとします。当協会は、その復旧への努力をもって、当該損害の賠償責任から免れるものとします。
4.当協会の、美容健康マスターIDサービスの提供を含む当サイトやリンク先の電子ファイルもしくは送信ルートに含まれるウィルス又は外部からの攻撃に対するセキュリティ対策は、その時点における同業他社と同等レベルのものに限られます。当協会は、当該セキュリティ対策を講じることをもって、当該損害の賠償責任から免れるものとします。

第16条(全般)
1.美容健康マスターIDサービスに関連して、ユーザーと当協会との間で紛争が生じた場合には、当該当事者がともに誠意をもって協議するものとします。
2.前項により協議をしても解決しない場合、高松地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
3.当協会は、美容健康マスターIDサービスを含む当協会の運営するインターネット上のサービスに関する営業を第三者に譲渡する場合、本規約第2節第5条に定める通知をもって、美容健康マスターID利用規約に基づくすべての当協会の権利及び義務を承継、売却、合併、その他の方法で、譲渡することができるものとします。また、ユーザーは、この場合において、当協会がかかる権利及び義務を譲り受ける者に対して登録情報等を開示することを了承するものとします。
4.美容健康マスターID利用規約のいずれかの条項が無効又は実施できないと判断された場合には、それらの条項の有効又は実施できる部分及び美容健康マスターID利用規約の残りの条項は、引き続き有効かつ実施できるものとします。
5.当協会によるユーザーの美容健康マスターID利用規約への違反に対する権利の放棄(明示、黙示を問わず)は、その後のユーザーの美容健康マスターID利用規約への違反に対する権利の放棄を意味するものではありません。
6.ユーザーは、美容健康マスターIDサービスから生じる又はそれに関連するいかなる訴訟も、当該訴訟の原因が生じてから1年以内に開始されなければならないことに合意し、当該期間経過後は、そのような訴訟は、永久に提訴できないものとします。
7.当協会は、ユーザーが美容健康マスターIDサービスの一つであるメールサービスを利用してE-mailを送信する際に、ユーザーが当該E-mailの送信時に利用するパソコン等の通信端末に割り振られたIPアドレスを当該E-mailのメールヘッダに記述する場合があります。ユーザーは、当協会が当該IPアドレスを当該E-mailのメールヘッダに記述することに予め同意しているものとします。

第17条(ユーザーの行為)
1.ユーザーは、自己の責任と負担において、美容健康マスターIDサービスを利用するために必要な、通信機器、ソフトウェア等を準備するものとします。また、ユーザーは、自己の費用と責任で、任意の電気通信サービスを経由して美容健康マスターIDサービスを利用するものとします。
2.ユーザーは、自己の責任において美容健康マスターIDサービスを利用するものとし、送受信データの内容、又は専用ソフトウェアのダウンロードに起因してユーザーのコンピューター等の通信機器に発生した損害に関して自らが責任を負うものとします。
3.ユーザーは、美容健康マスターIDサービスを利用して居住している国から規制対象技術を自国の居住者以外の者に送信(発信)する場合、関連する技術輸出に関する諸法令に従うことに同意します。
4.当協会は、美容健康マスターIDサービスを提供するためにインターネットを使用します。従って、ユーザーは、オンライン上での行為やどのような内容のコンテンツが許されるかという点については、利用される国や地域における規制を遵守しなければなりません。但し、例えユーザーが日本国外において、美容健康マスターIDサービスを利用する場合であっても、ユーザーの美容健康マスターIDサービスの利用については、当協会は日本国内における基準をもとに判断いたします。
5.ユーザーは、美容健康マスターIDサービスを利用するパソコン等の通信端末上で、クッキーを利用可能な状態に設定しておく必要性があります。またユーザーは、保存されたクッキーを書き換え、コピーし、解析する行為などを行ってはならないこととします。
6.ユーザーは、以下の事項のために送受信データについて、当協会の運営するシステムによりコードの変換及び送受信データの内容(添付ファイルを含みます)の削除など何らかの技術的処理が要求される可能性があることを認識し、そのことに合意します。
(1)E-mail、メッセージ、記事又は発言等の送受信。
(2)美容健康マスターIDサービスを利用するために必要な範囲内における送受信データの反映及び保管。
7.ユーザーは、上記の技術的処理が当協会の運営するシステムにより自動的に行われるものであることを予め了解します。
8.当協会は、美容健康マスターIDサービスごとにユーザーの利用できる送受信データに関する制限やその保存条件を設定することができるものとします。
9.当協会は、当協会の裁量において、ユーザーへの通知を行うことなく、また、削除の理由をユーザーに対して開示することなく、自由に送受信データを削除することができるものとします。

第18条(簡易ログイン)
1.簡易ログインの機能を利用する場合、簡易ログイン対応サービスについては、当協会が別に定める場合を除き、ユーザーが当該サービスの画面上の「ログアウト」の表示をクリックすることにより、当該サービスからログアウトしない限り、一旦、ブラウザーを閉じたあとで、再び、ユーザー又は第三者が当該ブラウザーを起動したときにおいて、自動的に当該サービスにログインした状態になることをユーザーは、予め承諾します。
2.ユーザー以外の第三者が簡易ログインを利用することにより生じた一切の損害についての責任は、ユーザー自身が負担するものとします。
3.ユーザーは、当協会所定の方法により簡易ログインの設定を解除することができるものとします。

第3節 美容健康マスターIDサービス

第1条(美容健康マスターIDサービス)
1.当協会は、ユーザーに対して、当サイト上又は当サイトより誘導したページで、本規約第1節第2条(3)及び第2節第1条第2項に定める個別規定に従って美容健康マスターIDサービスを提供します。ユーザーは、美容健康マスターID及びパスワードを利用することにより、美容健康マスターIDサービスを利用することができます。なお、美容健康マスターIDサービスには、当協会が単独で提供するサービスのほか共同運営者と共同で運営するサービスが含まれます。各美容健康マスターIDサービスの内容は、当協会及び共同運営者が定めるものとし、当協会は、当該美容健康マスターIDサービスの個別規定又は当該美容健康マスターIDサービスを提供する画面上に記載するものとします。

第2条(美容健康マスターIDサービスの追加・変更)
当協会は、本規約第2節第5条の規定に従いユーザーに通知することにより、美容健康マスターIDサービス追加・削除すること及び/又は美容健康マスターIDサービスの内容を変更することがあります。

第4節 美容健康マスター協会メールサービス

第1条(メールアカウントの取得)
1.ユーザーは、第2節に定める申込登録を行い、無料版美容健康マスター協会メールサービス(以下「フリーメールサービス」といいます)用のアカウント(以下「メールアカウント」といいます)取得の手続をした場合、フリーメールサービスを利用することができます。なお、同一ユーザーが利用できるメールアカウントは、当協会が別に認める場合を除き1個までとします。
2.ユーザーは、フリーメールサービスに6ヶ月間ログインしない場合、フリーメールサービスを提供するためのサーバ(以下「メールサーバ」といいます)上に保存された、ユーザーがフリーメールサービスを通じて送受信したメール(添付ファイルを含み、以下「送受信メール」といいます)、ユーザーが登録したアドレス帳及びその他ユーザーが設定した情報(総称して、以下「メール関連データ」といいます)を当協会が当協会の裁量により消去することができることに予め同意するものとします。

第2条(メールアカウントの停止)
1.当協会は、当協会が定める基準に従い、同一のユーザーが2個以上のメールアカウントを利用していると判断した場合、当協会は、ユーザーが利用している全てのメールアカウント(超過取得分に限られません)による、フリーメールサービスの利用を停止する場合があります。
2.当協会が前項に定める措置を講じたことに起因してユーザーが何らかの損害を被った場合であっても、当協会は一切責任を負いません。

第3条(迷惑メールフィルタ)
1.当協会は、ユーザーによる迷惑メール(ユーザーに対して一定期間に大量に送信される電子メール、未承諾広告メール等、当協会が定める基準によりユーザーにとって不利益であると判断する電子メールをいいます)の受信を回避すること及びメールサーバのシステムダウン等フリーメールサービスの提供への支障の発生を防止することを目的として、以下の措置を講じることができるものとします。
(1)ユーザーに送信された電子メールのうち、当協会が定める基準に従い迷惑メールに該当すると判断した送信元IPアドレスと同一か否かを機械的に判別し、同一の場合は、当該電子メールの受信を拒否する措置。以下、本号に定める措置を「IPフィルタ」といいます。
(2)IPフィルタを通過した電子メールのうち、当協会が定める基準により迷惑メールを送付する恐れがあると判断したIPアドレスから送信された電子メールを判読不可能な形に符号化し、迷惑メールに該当すると当協会が判断する内容が当該電子メールに含まれるか否かを機械的に判別し、当該内容が含まれる場合は、当該電子メールをフリーメールサービス内に設置するユーザーごとの「迷惑メールボックス」に振分ける措置。以下本号に定める措置を「コンテンツフィルタ」といいます。なお、IPフィルタとコンテンツフィルタを総称して、「迷惑メールフィルタ」といいます。
2.ユーザーは、迷惑メールフィルタの利用を希望しないときは、別途当協会が定める方法により、迷惑メールフィルタの設定を解除することができます。但し、ユーザーは、IPフィルタのみ又はコンテンツフィルタのみの設定又は設定解除はできないものとします。
3.ユーザーは、IPフィルタにより受信を拒否された電子メールについて、その送信元IPアドレス、各送信元IPアドレスから着信したメールの量、各送信元IPアドレスから着信したメールで迷惑メールであると判断された電子メールの量、各送信元IPアドレスから着信したメールで、迷惑メール以外で悪意があると判断されたメールの量に係る情報を蓄積し、IPフィルタの精度向上及び精度の検証のために、当協会自らが利用すること、並びに当協会がIPフィルタに係るソフトウェアの提供を受けている会社にこれらの情報を提供することに予め同意するものとします。
4.当協会は、迷惑メールフィルタにより、迷惑メールの受信が完全に阻止されること、確実に「迷惑メールボックス」に振分けられること、迷惑メールであるか否かの判断基準が正確であること、メール関連データに悪影響を与えないこと、その他迷惑メールフィルタの内容、品質及び性能について何ら保証するものではありません。また、迷惑メールフィルタの提供に起因してユーザーが何らかの損害を被った場合であっても、当協会及びIPフィルタに係るソフトウェアの提供を受けている会社は、一切責任を負いません。

第4条(迷惑フォルダ、ゴミ箱の自動削除)
1.当協会は、ユーザーが受信したメールのうち、迷惑メールフィルタもしくはユーザー自身によって迷惑メールボックスに振分けられたメール、及びゴミ箱に格納された送受信メールを自動削除できる機能(以下「自動削除機能」といいます)を提供するものとします。ユーザーは、ユーザーが選択したメール保存期間経過後に、迷惑メールボックス及びゴミ箱に蓄積された送受信メールが削除されることに予め同意するものとします。なお、ユーザーは、別途当協会が定める方法により、自動削除機能の設定を変更することができるものとします。
2.自動削除機能の提供に起因してユーザーが何らかの損害を被った場合であっても、当協会及びIPフィルタに係るソフトウェアの提供を受けている会社は、一切責任を負いません。

第5条(広告の掲載、本文解析)
1.当協会は、送受信メールの件名又は送受信メールの本文の内容(以下「メール内容」といいます)を機械的に解析し、メール内容に当協会が指定する言葉(以下「キーワード」といいます)が含まれている場合、当該電子メールを閲覧する画面上に当該キーワードに関連する広告(以下「キーワード関連広告」といいます)を掲載することができるものとします。
2.当協会は、キーワード関連広告とは別に、送受信メールの件名、送受信メールの本文の一部又は全部、ヘッダ内にある送信日時の情報(総称して、以下「メール本文等」といいます)を機械的に解析し、当該メールの内容に関連する広告(以下「本文関連広告」といいます)を掲載できるものとします。
3.当協会は、当協会関連事業あるいは当協会と提携する広告配信システム会社の広告配信システムを利用してキーワード関連広告及び本文関連広告の配信を行うものとし、当該広告の配信にあたっては、キーワード関連広告については、キーワードが、本文関連広告については、メール本文等が、それぞれユーザーのブラウザ画面から当協会あるいは広告配信システム会社の広告配信システムに機械的に送信されることを予め同意するものとします。
4.当協会は、ユーザーが受信したメールの本文を機械的に判別し、本文内に当サイトのサービスに関連すると当協会が判断するワードが含まれる場合、当該ワードに対して、当該ワードに関連する当サイトのサービスへのリンクを設定(以下「関連ワードリンク」といいます)することができるものとします。
5.ユーザーは、キーワード関連広告、本文関連広告及び関連ワードリンクの表示を希望しないときは、別途当協会が定める方法により、これらの設定を解除することができます。但し、ユーザーは、個々の広告について設定もしくは設定解除はできないものとします。
6.当協会は、フリーメールサービスを提供する画面上に当協会の裁量により決定する広告(以下「一般広告」といいます)を掲載することができるものとします。なお、一般広告は、送受信メールの内容に関係なく掲載されるものとし、一般広告の掲載にあたって、当協会がユーザーの送受信メールを解析することはありません。
7.当協会は、キーワード関連広告、本文関連広告、関連ワードリンク及び一般広告を表示することに関して、メール関連データに悪影響を与えないこと、キーワード関連広告及び本文関連広告のメール内容との適合性、関連ワードリンクのユーザーが受信したメールとの適合性、その他一般広告、キーワード関連広告、本文関連広告並びに関連ワードリンクの内容、品質及び性能について何ら保証するものではありません。また、一般広告、キーワード関連広告、本文関連広告及び関連ワードリンクを表示させることに起因してユーザーが何らかの損害を被った場合であっても、当協会は、一切責任を負いません。
8.一般広告、キーワード関連広告及び本文関連広告に係る広告収入は、当協会が排他的に獲得することができるものとします。

第6条(検索サービス)
1.当協会は、ユーザーが送受信したメールを対象とした検索サービス(以下「メール検索サービス」といいます)を提供するものとします。ユーザーは、当協会がメール検索サービスを提供するために、送受信メールのヘッダ情報を機械的に判別して一覧データ(以下「メールインデックス」といいます)を作成してメールサーバ内に蓄積することに予め同意するものとします。
2.当協会は、メール検索サービスの提供(検索機能及び検索結果の提供を含みます)に関して、メール関連データに悪影響を与えないこと、検索結果の適切性、その他メール検索サービスの内容、品質及び性能について何ら保証するものではありません。また、メール検索サービスの提供に起因してユーザーが何らかの損害を被った場合であっても、当協会は、一切責任を負いません。

第7条(ウィルススキャン)
1.当協会は、メールサービスにおいて、コンピュータウィルス(以下「ウィルス」といいます)を検知・除去することを目的として、当協会と提携するウィルスソフト販売会社が提供するウィルススキャンソフトウェア(以下「ウィルススキャンソフトウェア」といいます)を使用します。
2.当協会は、ユーザーによる電子メールの送受信時において、ウィルススキャンソフトウェアを用いてウィルスの検知及び除去を行うものとしますが、当協会と提携するウィルスソフト販売会社から提供されているウィルススキャンソフトを現状有姿のまま使用するものであり、送受信メールに含まれる全てのウィルスを検出又は除去すること、ウィルススキャンソフトウェアが誤検知をしないこと、メール関連データに悪影響を与えないこと、その他ウィルススキャンソフトの内容、品質及び性能について、何ら保証するものではありません。また、ウィルススキャンソフトウェアに起因してユーザーが何らかの被害を被った場合であっても、当協会及び当協会と提携するウィルスソフト販売会社は、一切責任を負いません。

第8条(アドレス帳自動登録)
1.当協会は、ユーザーが送信したメールの送信先アドレスをユーザーのアドレス帳に自動登録する機能(以下「アドレス帳自動登録」といいます)を提供します。なお、アドレス帳に登録された(アドレス帳自動登録により登録された場合を含みます)第三者(以下「アドレス帳登録者」といいます)とユーザーが電子メールの送受信を行った場合、当該アドレス帳登録者とユーザーとの送受信メールを時系列順に(以下「やりとり履歴」といいます)確認することができます。
2.ユーザーは、アドレス帳自動登録の利用を希望しないときは、別途当協会が定める方法により、設定を解除することができます。なお、ユーザーがあるアドレス帳登録者をアドレス帳から削除した場合、当該アドレス帳登録者に係るやりとり履歴も削除されます。
3.ユーザーは、当協会が、アドレス帳自動登録の機能の提供及びやりとり履歴の表示を可能にするために、ユーザーの送受信メール(アドレス帳自動登録については、ユーザーの送信メールのみ)のヘッダ情報を機械的に判別することに予め同意するものとします。
4.当協会は、アドレス帳自動登録機能の提供及びやりとり履歴の表示に関して、メール関連データに悪影響を与えないこと、その他アドレス帳自動登録機能の提供及びやりとり履歴の表示に関する内容、品質及び性能について何ら保証しないものとします。また、アドレス帳自動登録機能の提供及びやりとり履歴の表示に起因してユーザーが何らかの損害を被った場合であっても、当協会は、一切責任を負いません。

第9条(迷惑メールの送信禁止)
フリーメールサービスを利用した迷惑メールの送信及びこれに起因するメールサーバのシステムダウン等フリーメールサービスの提供に支障が生じることを防止するため、当協会は、美容健康マスターIDごとのフリーメールサービスにおけるメールの送信数を機械的に数え、当協会が定める基準を超えて送信されたメールについて、当協会の裁量により、ユーザーに対して何ら通知することなく以下の措置を講じることができることに予め同意するものとします。
(1)送信を停止すること
(2)一時的にもしくは無期限で当該美容健康マスターIDによるフリーメールサービスの利用を停止すること
(3)当該美容健康マスターIDの利用資格を喪失させること
(4)その他、当協会が定める措置を講じること
2.当協会は、前項に定める措置を講じることに関して、メール関連データに悪影響を与えないこと、その他前項に定める措置の内容、品質及び性能について何ら保証しないものとします。また、前項に定める措置を講じたことに起因してユーザーが何らかの損害を被った場合であっても、当協会は一切責任を負いません。

第10条(非保証等)
1.当協会は、フリーメールサービスの提供にあたっての責任は、本節前各条に定めるほか、第2節第11条及び第15条の規定が適用されるものとします。

第5節 ID連携

第1条(ID連携)
1.ユーザーは、WEB上において、別に当協会が定める「美容健康マスターIDログインサービス利用規約」(以下「美容健康マスターID利用規約」といいます)に同意のうえ必要な設定を行うことにより、ユーザーの美容健康マスターIDと、ユーザーが利用資格を有する第三者が提供するID(但し、別に当協会が指定する、他のIDログインサービスに対応しているIDに限られるものとします。以下「第三者提供ID」といいます)の紐付け (以下「ID連携」といいます。なお、美容健康マスターIDとID連携した、第三者が提供するIDを、以下「連携ID」といいます)を行い、連携IDを用いて美容健康マスターIDサービスを利用すること、及び美容健康マスターIDを用いて第三者提供ID対応のサービス(以下「連携IDサービス」といいます)を利用することができるものとします。但し、美容健康マスターIDを用いて利用できる連携IDサービス及び連携IDを用いて利用できる美容健康マスターIDサービスについては、別途当協会のホームページ上に掲示されるものに限られるものとします。
2.ユーザーは、連携IDを用いる場合であっても、美容健康マスターIDサービスの利用にあたっては、美容健康マスターID利用規約の定めが適用されることに予め同意するものとします。
3.当協会は、ユーザーが美容健康マスターIDを用いて連携IDサービスを利用できること、及び連携IDを用いて美容健康マスターIDサービスを利用できることを何ら保証しません。

第2条(認証情報)
1.ユーザーは、美容健康マスターIDを用いて連携IDサービスにログインする場合、当協会から関連する事業に対して、ユーザーがID連携した美容健康マスターIDにてログインしたということを示す情報(以下「認証情報」という)を送信することに予め同意するものとします。なお、認証情報には、ユーザーの連携ID、美容健康マスターIDその他当該認証情報単独で直接ユーザー個人を特定できる情報は含まれません。
2.ユーザーは、連携IDを用いて美容健康マスターIDサービスにログインする場合、当協会から関連する事業に対して、ユーザーが連携IDにてログインしたということを示す情報が送信されることに予め同意するものとします。なお、認証情報にはユーザーの連携ID、美容健康マスターIDその他当該認証情報単独で直接ユーザー個人を特定できる情報は含まれません。

第3条(関連規約等)
1.ユーザーは、 美容健康マスターIDサービスの利用にあたっては、美容健康マスターID利用規約を遵守するものとします。ユーザーは、自己の費用と責任において、美容健康マスターIDサービスを利用するものとし、当協会は、ユーザーが美容健康マスターIDサービスを利用したこと(第三者によりユーザーの美容健康マスターID又は連携IDが使用されて美容健康マスターIDサービスが利用された場合を含みます)又は利用できなかったことにより損害を被った場合であってもいかなる責任も負いません。
2.ユーザーは、連携ID及び連携IDサービスの利用にあたっては、当該連携ID又は当該連携IDサービスの提供者が定める規約等を遵守するものとします。ユーザーは、自己の費用と責任において、連携ID及び連携IDサービスを利用するものとし、当協会は、ユーザーが連携ID又は連携IDサービスを利用したこと(第三者により連携ID又は連携IDサービスが利用された場合を含みます) 又は利用できなかったことにより損害を被った場合であってもいかなる責任も負いません。

第4条(ID連携の終了等)
1.ユーザーは、別に美容健康マスターID、各連携IDの提供者及び当協会が定める方法により、ID連携を解除することができるものとします。
2.当協会は、ユーザーが美容健康マスターID利用規約に違反した場合、当協会からユーザーが美容健康マスターID利用規約に違反している旨の通知を受けた場合、又は連携IDもしくは連携IDサービスの提供者からユーザーが当該連携IDもしくは連携IDサービスの利用規約等に違反している旨の通知を受けた場合は、ユーザーに対して何ら通知及び催告を行うことなく、ID連携を解除することができるものとします。
3.前項に定めるほか、当協会は、美容健康マスターID又は連携IDもしくは連携IDサービスの提供者から、ID連携の解除の依頼を受けた場合は、ユーザーに対して何ら通知及び催告を行うことなく、ID連携を解除することができるものとします。
4.ユーザーは、ID連携している美容健康マスターID又は連携IDのいずれかの利用資格を喪失 (喪失事由の如何を問いません)した場合、自動的にID連携が解除されることに予め同意するものとします。
5.ユーザーは、美容健康マスターIDサービスが終了した場合、自動的にID連携が解除されることに予め同意するものとします。
6.前各項に定めるほか、当協会は、自己の都合により、1ヶ月前までに第2節第5条に定める方法に従いユーザーに通知することにより、ID連携の解除又は終了を行うことができるものとします。
7.前各項に従い、ID連携が解除又は終了した場合、ユーザーは、美容健康マスターIDを用いて連携IDサービスを利用すること、及び連携IDを用いて美容健康マスターIDサービスを利用することはできないものとします。
8.ID連携が解除又は終了(事由の如何を問いません)したことにより、ユーザーが被った不利益又は損害について、当協会はいかなる責任も負わないものとします。
9.ユーザーは、当協会が、第2項に定める各違反事項に係る通知を受けること、ID連携が解除もしくは終了(事由の如何を問いません)することについて、当協会が美容健康マスターID又は連携IDもしくは連携IDサービスの提供者に通知する場合があることについて、予め同意するものとします。

第5条(簡易ログイン)
ユーザーは、連携IDを用いて美容健康マスターIDサービスにログインする場合、簡易ログインの機能を利用することはできません。
(以下余白)

付則:

制定 2011年1月11日
改定

 


美容と健康に関するノウハウが満載の『美健レポート』※いまなら、特別版3冊(全72ページ)プレゼント!!※

『無料!』今日からできる節税メルマガ!儲かっている企業の販売促進事例、経営戦略、集客、マーケティング、コピーライティングのノウハウを無料で手に入れる。
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【体調維持に欠かすことが出来ない『たんぱく質』。 からだに蓄えることができないことをご存知ですか?…
  2. 【美肌に必要不可欠なたんぱく質。 たんぱく質が不足すると『太りやすいからだになる』理由とは・・・】…
  3. 【美容と健康だけでなく、美白効果もあるリコピンを16倍効率よく吸収する方法】 ■週に7回以上トマト…
  4. 【今日は成人式!! 美容と健康に関するノウハウが満載の『美健レポート』を発行します!!】 こんに…
  5. 【秋の味覚『銀杏』を堪能しながら『健康』も手に入れよう!!】 銀杏並木に秋を感じたらシェアしてね♪…
ページ上部へ戻る