• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今なら無料!美と健康に関する『美健通信』特別版72ページ!!

【野菜を食べるときは『色』に注目!!6色の野菜が美容と健康に良い理由】

『野菜は美容や健康に良い』というのはご存知のとおり!
また、『バランスよく色々な野菜を食べると良い』
というのもご存知の通り!

でも、どういう基準で野菜を選んでいますか??
どのような野菜を食べたらいいか迷ったら『色』に注目してみてください。

ポイントは、
『赤・紫・黄・緑・白・黒』の6色に気をつけるだけ。

 

こんにちは!!美容健康マスター協会です^^

『野菜の色』と『栄養素』は密接に関係しています。

 

たとえば、

▼トマトやにんじんなどの
色の濃い野菜はβ-カロテン。

▼大根やキャベツ、白菜などの
色の薄い野菜はビタミンCを
多く含んでいます。

 

また、

▼トマトの赤は、
がん予防や紫外線から
肌を守ってくれるリコピン。

▼ブルーベリーやナスの紫は、
目に良いとされるポリフェノールの一種、
アントシアニンという色素が
含まれています。
.
.
.
さまざまな色の野菜をバランスよく食べると
自然に栄養バランスがとれるのです。

ぜひ、野菜を食べるときは『色』に注目して
選んでみてください。

 

極端にいえば、それぞれの野菜に含まれる
栄養素や効能を覚える必要はありません。

『とにかく、一色にかたよらず、色とりどりの野菜を食べる』

というのを覚えておけば大丈夫♪
.
.
.
そうすると、自然に栄養バランスが整って
結果的に肥満防止や生活習慣病予防となります。

まずは目安として『1食に3色の野菜』
とることから心がけましょう^^

ちなみに、
.
.
.
『色とりどりの食卓は、
栄養のバランスはもちろん、
見た目も楽しくなり会話が弾む』

という統計結果も出ています。

食事が明るく、楽しくなれば
さらにうれしいですよね^^

 

それぞれの野菜の色の
主な特性と効能を挙げておきますので
参考にしてみてください。
↓ ↓

::::::::::::::::::::

①赤色の野菜で免疫力アップ!!

例えば、『トマトやニンジン、りんご、赤ピーマン』など。
赤い野菜は食物繊維を多く含み、便秘予防効果があります。

また、トマトに含まれるリコピンは、
肌を紫外線のダメージから守ってくれ、
強い抗酸化作用でがん予防にもなり
老化や生活習慣病の予防、
さらに美白効果も期待できます。

ニンジンや赤ピーマンはβ-カロテンの宝庫。
粘膜を強くして、細菌やウイルスに感染するのを
防ぐ働きがあります。
↓ ↓
【参考:老化や生活習慣病の予防、さらに美白効果も期待できるトマト】

 

②紫色の野菜で若返り!!

紫といえば、
『ブドウやブルーベリー、ナス、プルーン』など。
こういった青系の野菜は、抗酸化作用があり
血液をサラサラにして老化を防ぐ役割があります。

また、紫色の色素はアントシアニンという色素で
視神経をささえる物質を再合成するので
疲れ目に効果があり視力の回復を助けます。

ちなみに、このアントシアニンは
『ビタミンCと一緒に食べると抗酸化作用がより強くなる』
といわれています。
レモンやオレンジなど黄色い野菜と一緒に食べるのをおススメします。

 

③黄色の野菜で美容や風邪の予防!!

例えば、『黄ピーマン、かぼちゃ』など。
黄色の野菜はイメージどおり、ビタミンCをたくさん含んでいます。

また、ビタミンCはコラーゲンの合成を助け、
肌にハリをもたらします。
しみや小じわを防いだり、
日焼けでダメージを受けたお肌の回復をうながしたりと
肌年齢を若く見せてくれるため、
女性にはうれしい栄養素です。

あまり知られていませんが、
ビタミンCはストレス緩和効果もあるので
仕事で忙しいビジネスパーソンは積極的にとるように
心がけましょう。

 

④緑色の野菜で貧血予防やストレス解消!!

例えば、『ブロッコリー、小松菜、ピーマン、アスパラガス』など。
これら緑色の野菜は、
鉄分とカルシウムがたくさん含まれています。
鉄分は貧血予防、
カルシウムには心が疲れたときに
精神安定作用があります。

β-カロテン、ビタミンB群、ビタミンCも
バランスよく含まれており、
余分な脂肪を体内にたまるのを防ぐ役割もあるので、
ダイエットにも効果的です^^

野菜や海藻の鉄分は肉や魚よりも
体内での吸収が悪いのですが、
食後のデザートに柑橘系の果物を食べると
より良く効率的に吸収することができます。

 

⑤白色の野菜で生活習慣病の予防!!

例えば、『マッシュルームやまいたけ』など。
これらのキノコ類は、
ガン細胞を攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化し、
発ガン予防が期待できます。

生活習慣病は、中高年だけでなく
若い人にも増えているので
積極的にとることをおススメします。

また、『白菜』はビタミンCを多く含み
血管の老化や動脈硬化を防ぎ
コレステロールを下げる働きがあります。

他にも、『白ねぎや玉ねぎ』に含まれている
特有の成分の硫化アリルは血液をサラサラにします。

 

⑥黒色の野菜で女性力アップ!!

黒色の代表格『黒豆』には、
大豆の2倍のイソフラボンと
血液をサラサラにするポリフェノール類が
豊富に含まれています。

他にも、『ひじきやワカメ、昆布』には
水溶性食物繊維が多く含まれているので
便秘予防にも効果的。

さらに、『ひじき』には、
牛乳の12倍もカルシウムが含まれており、
『黒ゴマ』には悪玉コレステロールを下げる
働きがあります

::::::::::::::::::::
いかがでしょうか^^

『美容と健康は1日にしてならず!』

小さな習慣の積み重ねが、
からだに少しずつ将来に大きく
影響してきます。

あれこれ悩まずに
『色』に注目して野菜を選んでみると
買い物も楽しくなりますよね^^

ムリせず楽しく
『美容と美肌と健康』を手に入れましょう♪
.
.
.
今日も美容と美肌と健康を意識して、
フレッシュでハッピーな一日を^^
Enjoy life!!

次回もお楽しみに!!
-美健マスター協会-

 

Facebookでも情報配信中!!
【美容と健康のことなら『美容健康マスター協会(美健マスター協会)』】
https://www.facebook.com/bikenmaster

コメント

コメントを残してくれると嬉しいです♪

投稿者プロフィール

美健 マスター
美健 マスター
美容健康マスター協会は、いつまでも若々しく保つ『美容』と、豊かな人生を送るために必要不可欠な『健康』について、正しい知識と方法を追求し、情報発信を行っています。
美容と健康と自然との調和を目指します。
>>『美健マスター』の記事一覧はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
美健 マスター

美健 マスター美容健康マスター

投稿者プロフィール

美容健康マスター協会は、いつまでも若々しく保つ『美容』と、豊かな人生を送るために必要不可欠な『健康』について、正しい知識と方法を追求し、情報発信を行っています。
美容と健康と自然との調和を目指します。
>>『美健マスター』の記事一覧はこちらから

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

美容と健康に関するノウハウが満載の『美健レポート』※いまなら、特別版3冊(全72ページ)プレゼント!!※

『無料!』今日からできる節税メルマガ!儲かっている企業の販売促進事例、経営戦略、集客、マーケティング、コピーライティングのノウハウを無料で手に入れる。

Facebookでも情報発信中♪

ピックアップ記事

  1. 【今日は成人式!! 美容と健康に関するノウハウが満載の『美健レポート』を発行します!!】 こんに…
  2. 【第8回美と健康の美健マスター交流パーティーin香川: 春のBBQ】 こんにちは!! 美容健康…
  3. 【老化や生活習慣病の予防、さらに美白効果も期待できるトマト】 日本には、『トマトが赤くなると医者が…
  4. 【栄養たっぷり♪ 美容と健康の素材『モロヘイヤ』がアラブの国で常食されている理由。 7つの栄養成…
  5. 【永久保存版!たんぱく質が多くて低脂質、低カロリー♪ ダイエット中でも食べられる肉と魚のリスト】 …
ページ上部へ戻る