体が資本、健康第一!と知っていながら、なぜ『サーカディアン・リズム』を意識しないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今なら無料!美と健康に関する『美健通信』特別版72ページ!!

【体が資本、健康第一!と知っていながら、

なぜ『サーカディアン・リズム』を意識しないのか?】

『サーカディアン・リズム』という言葉をご存知ですか?

例えば、1週間ごとに決まった休日があって
規則的に休んだり働いたりを繰り返すように、
『身体の調子』にも様々な上昇や下降、
活性や休息の『リズム』や『周期』があるのです。

 

『サーカディアン・リズム』の語源はラテン語で、
『身体の1日のリズム(周期変化)』を表す言葉です。
『体内時計』といったほうが分かりやすいかもしれませんね。

 

健康な人は、朝目覚めると身体の機能を
『活動モードにする交感神経』が活性化して
体温や心拍数を上昇させ、呼吸数を増加させます。

そして夜になると、1日の疲れが蓄積され、
今度は、『休息モードへ導く副交感神経』が
身体を次第に“眠り”へ移行するように導きます。

 

この副交感神経によって身体が休んでいる間、
成長ホルモンが分泌され、肌や筋肉や骨が形成され、
余ったエネルギーは体脂肪として蓄積されやすくなるのです。

成長ホルモンが分泌されるのは、主に、
『夜11時から深夜2時』の間です。

この間にきちんと睡眠をとることが大切なのです。

 

よく、
『成長期の子供は早く寝たほうが良い』とか、
『美肌のためには夜10時には寝た方が良い』とか、
『ダイエットしている人は寝る2時間前、そして夜食を食べない方がいい』
と、言われるのはこのため。

 

ちなみに、『サーカディアン・リズム』は
哺乳類全体に見られる機能です。

つまり、生き物の身体には、
『交感神経(覚醒・活動)』と
『副交感神経(休息・睡眠)』のように
自然に周期的な調整をしてバランスを取る機能が
備わっているのです。

 

現代人の最も多い悩み、
原因不明の体調不良を訴える人の多くは、
身体の中で自然にリズムをとろうとする『体内時計』と、
昼夜の区別なく行動せざるを得ない
無理矢理なスケジュールの『体外時計』とのズレが生じており
年々増加しているようです。

 

インターネットの急速な発展や
パソコン性能の向上などにより、
情報伝達が速くなり24時間活動することに
慣れてしまった現代社会ですが、
このリズムの乱れが生じ出すと睡眠障害や身体の倦怠感、
肌荒れ等の体調不良に陥るだけでなく、
免疫機能も低下して様々な病気を発症しやすくなるので
注意が必要です。

 

中でも特に、メンタルヘルスへの影響
非常に大きいと言われています。

最近の研究では、
睡眠不足が肥満にもつながることもわかってきました。

 

仕事や付き合いでどうしても忙しくて
睡眠不足な日が続いたら、意識して早めに寝て、
『休息日』を作って身体を休ませ、
体内時計を正常に戻すようにしましょう。

『休む』リズムを早めに回復させることが、
『サーカデイアン・リズム』の回復には大切なのです。

 

ちなみに、写真は最近お気に入りの
グァバジュースとスムージー。
朝食におススメです♪

やっぱり体が資本、健康第一!!
今日も美容と健康を意識してフレッシュな一日を^^
Enjoy life!!

コメント

コメントを残してくれると嬉しいです♪

投稿者プロフィール

美健 マスター
美健 マスター
美容健康マスター協会は、いつまでも若々しく保つ『美容』と、豊かな人生を送るために必要不可欠な『健康』について、正しい知識と方法を追求し、情報発信を行っています。
美容と健康と自然との調和を目指します。
>>『美健マスター』の記事一覧はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
美健 マスター

美健 マスター美容健康マスター

投稿者プロフィール

美容健康マスター協会は、いつまでも若々しく保つ『美容』と、豊かな人生を送るために必要不可欠な『健康』について、正しい知識と方法を追求し、情報発信を行っています。
美容と健康と自然との調和を目指します。
>>『美健マスター』の記事一覧はこちらから

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

美容と健康に関するノウハウが満載の『美健レポート』※いまなら、特別版3冊(全72ページ)プレゼント!!※

『無料!』今日からできる節税メルマガ!儲かっている企業の販売促進事例、経営戦略、集客、マーケティング、コピーライティングのノウハウを無料で手に入れる。

Facebookでも情報発信中♪

ピックアップ記事

  1. 和食の塩分を減塩するコツ①和食は塩分が高いといわれる理由と素材の旨みを活かした減塩方法
    【和食の塩分を減塩するコツ①】和食は塩分が高いといわれる理由と素材のうま味を活かした減塩方法 &n…
  2. 【第8回美と健康の美健マスター交流パーティーin香川: 春のBBQ】 こんにちは!! 美容健康…
  3. 【老化や生活習慣病の予防、さらに美白効果も期待できるトマト】 日本には、『トマトが赤くなると医者が…
  4. 【地場産の野菜直売所がにぎわう2つの理由! 旬の食材をシンプルに味わう3つの調理法】 おはようご…
  5. 【秋の味覚『銀杏』を堪能しながら『健康』も手に入れよう!!】 銀杏並木に秋を感じたらシェアしてね♪…
ページ上部へ戻る